一般社団法人 全国PTA連絡協議会

よくあるご相談 … Googleフォーム

全国PTA連絡協議会に寄せられるご相談などから「Googleフォーム」に関するご相談と回答を併せてご紹介します。
順次、掲載を進めて参ります。
作成:2024/04/30  更新:2024/05/06
facebookでシェア
LINEでシェア
Xでシェア
リンクをコピー

ご相談の一覧 … Googleフォーム

≫ Clickで各ご相談の[回答]へ移動します。

利用方法  ≫ 

  • GoolgeフォームをPTAで利用したいのですが、どのような使い方がありますか?  ≫ 
  • Goolgeフォームを使って、PTA入会申込書を作成したいのですが?  ≫ 

便利な使い方  ≫ 

  • Googleフォームの長いURLを短くできますか?  ≫ 
  • ラジオボタンとチェックリストの使い分けは、どうすればいいですか?  ≫ 
  • ExcelのようなスプレッドシートをGoogleフォームと連携するには、どうすればいいですか?  ≫ 

通知や返信  ≫ 

  • Googleフォームに入力があった時に通知を受け取るには、どうすればいいですか?  ≫ 
  • Googleフォームの入力者に対して、入力内容を自動で返信するには、どうすればいいですか?  ≫ 

セクション  ≫ 

  • Goolgeフォームのセクションとは、どのように使うものですか?  ≫ 

回答の検証  ≫ 

  • Goolgeフォームで入力された回答の検証をしたいのですが?  ≫ 
  • 正規表現とは、どのようなことですか?  ≫ 
  • 正規表現で使うの文字には、どのようなものがありますか?  ≫ 
  • 正規表現の具体的な記述方法は、どのようなものですか?  ≫ 
  • Googleフォームで利用可能な正規表現の具体的例は、どのようなものですか?  ≫ 
全てのご相談[ご相談の分類]
format_list_bulleted Clickで[ご相談の一覧]のページへ移動します。
quick_reference_all Clickで[ご相談と回答]のページへ移動します。

PTA未加入 ご相談の一覧 ≫

PTA組織運営 ご相談の一覧 ≫

PTA会費やPTA会計 ご相談の一覧 ≫

個人情報保護(用語や規定)ご相談の一覧 ≫

個人情報保護(対策や運用)ご相談の一覧 ≫

PTAでのICT活用 ご相談の一覧 ≫

Googleフォーム ご相談の一覧 ≫

PTA団体補償制度 ご相談の一覧 ≫

当協議会について ご相談の一覧 ≫

FAQ

ご相談と回答 … Googleフォーム

利用方法

Q.
GoolgeフォームをPTAで利用したいのですが、どのような使い方がありますか?
A.
本Googleフォームは、Googleが提供しているオンライン上で使用できる無料ツールのことです。このGoogleフォームを使えば、アンケートや投票ができるフォームを簡単に作成できます。
パソコン・スマホから作成・編集・回答が可能なので、非常に使いやすいツールです。 Googleフォームの利用には、Googleアカウントが必要ですので、まずGoogleアカウントをご用意ください。
Googleフォームの活用事例としては、
  • イベントなどの申し込み
  • PTA入会申込書
  • 総会などでの書面表決
  • クイズやテスト
  • アンケート
2024年4月30日_101
Q.
Goolgeフォームを使って、PTA入会申込書を作成したいのですが?
A.
Googleフォームを使ったPTA入会申込書の事例です。
「PTA入会申込書のサンプルフォーム」では、Googleフォームを利用してのテスト利用が可能です。
PTA入会申込書(例)に関する詳しい情報は、下記サイトをご覧ください。
記事
懸念事項への対応、導入事例やサンプルフォーム
Googleフォームを活用しよう! ≫

PTA入会申込書のサンプルフォーム

Gooleフォームの入力可能なサンプルフォームです。
https://forms.gle/WvKEcszxuhpqhKTE6 ≫ 
回答必須の設定はしていませんので、ご自由にお試しください。
下記は、上記の外部リンクと同じGooleフォームのサンプルフォームです。
  • 下記の埋め込みGooleフォーム内にあるリンク先をクリックすると、リンク先表示の事例として、本サイト内をリンク先としているため「リダイレクトの警告」が表示される場合があります。
2024年4月30日_102

便利な使い方

Q.
Googleフォームの長いURLを短くできますか?
A.
「URLを短縮」の機能を使うことで簡単に短縮できます。
送信
  1. フォーム編集画面の[送信]ボタンをクリックします。(上図)
  2. 表示された「フォームを送信」ウインドウで、「送信方法」欄の[リンク]タブを選択
  3. 左下の「URLを短縮」にチェックを入れると長いURLだったのが短いURLに変更されます。
  4. 続けて[コピー]をクリックします。
  5. コピーされた「URLリンク」をメールやチャット、ウェブサイト、ブログなどで共有できます。
送信
2024年4月30日_201
Q.
ラジオボタンとチェックリストの使い分けは、どうすればいいですか?
A.
どちらも選択肢のボタンですは、選択できる数が異なります。
ラジオボタン:選択できるのは1つだけ(単数回答形式)
チェックボックス:複数の選択肢を選択可能(複数回答形式)
例えば、性別ならラジオボタン、好きな料理はチェックボックスなど
2024年4月30日_202
Q.
ExcelのようなスプレッドシートをGoogleフォームと連携するには、どうすればいいですか?
A.
Googleフォームに入力されたデータは、スプレッドシート(Excelに近い表計算ソフト)と連携が可能です。
Googleフォームとスプレッドシートの連携手順は以下の通りです。
回答
  1. フォーム編集画面で[回答]タブをクリックし、回答ウインドウを表示(上図)
  2. 右上にある[スプレッドシートにリンク]をクリック
  3. サブウインドウで[回答の送信先を選択]が表示されるのでいずれかを選択(下図)
  4. 右下の[作成]ボタンをクリック
  5. スプレッドシートが表示されたら、必要に応じて左上でシート名を入力する
作成
2024年4月30日_203

通知や返信

Q.
Googleフォームに入力があった時に通知を受け取るには、どうすればいいですか?
A.
デフォルトの状態では、通知メールはオフになってます。回答受付の都度、メール通知を受け取るには、事前の設定が必要です。
回答
  1. フォーム作成画面で[回答]タブをクリック
  2. 右上にある[[スプレッドシートにリンク]のさらに右側にある[縦3点リーダー]をクリック
  3. [新しい回答についてのメール通知を受け取る]をクリックしてチェックを[オン]
  4. チェックを[オン]にして、すぐ画面が閉じてしまった場合はで、もう一度[縦3点リーダー]をクリックして、チェックの状態を確認
通知を受け取る
2024年4月30日_301
Q.
Googleフォームの入力者に対して、入力内容を自動で返信するには、どうすればいいですか?
A.
デフォルトの状態では、通知メールはオフの設定です。
回答を受け付けた都度、メール通知を受け取るには、事前の設定が必要です。
  1. フォーム編集画面で[回答]タブをクリック
  2. [メールアドレスを収集する]で[回答者からの入力]を選択
  3. [回答のコピーを回答者に送信]項目で[常に表示]を選択
    • 必要に応じて[リクエストされた場合]」を選択も可
  4. テストとして、Googleフォームを入力し、自動返信されるかを確認
メールアドレス
2024年4月30日_302

セクション

Q.
Goolgeフォームのセクションとは、どのように使うものですか?
A.
Googleフォームのセクションを一言でいうと、フォームの要素(質問、タイトルと説明、画像など)を一括りにした「区切り」のことです。
このセクションを使った条件分岐は、回答者が特定の選択肢を選んだときに、その回答に応じて表示する質問を変更する機能です。この機能を活用すると、回答者に関連性のある質問のみを表示し、無関係な質問をスキップさせることができます。
例えば、アンケートで「ご希望のイベントを選択してください」と聞いた場合、「A」を選んだ人には「A」に関する次の質問を、「B」を選んだ人には「B」に関する質問を表示するように設定することができます。
セクションに関する詳しい情報は、下記サイトをご覧ください。
記事
セクション … より便利に使える質問による分岐
Googleフォーム Manual Plus
2024年4月30日_701

回答の検証

Q.
Goolgeフォームに入力される回答の検証をしたいのですが?
A.
Googleフォームの入力形式では、短文を入力する「記述式」と長文を入力する「段落」が選択可能です。
この二つの入力形式では「回答の検証」のボタンが表示され、設定により、入力値のチェックを行うことができます。

回答検証:数値

「次より大きい」「次以上」「次より小さい」「次以下」「次と等しい」「次の間にある」「数字」「整数」

回答検証:テキスト値

「次を含む」「含まない」「メールアドレス」「URL」

回答検証:長さ

「最大文字数」「最小文字数」

回答検証:正規表現

郵便番号や電話番号などの入力で高度なチェックが可能になります。正規表現は一見すると難しく感じますが、覚えるとGoogleフォーム以外にもいろいろな場面で活用できます。ExcelやAccessなどでもりようできますので覚えておくと便利です。
回答検証「正規表現」を選択すると、以下の条件が利用可能できます。「パターン」欄には、条件にあった内容を入力します。
「次を含む」「含まない」「一致する」「一致しない」
回答の検証に関する詳しい情報は、下記サイトをご覧ください。
記事
回答の検証 … 検証方法や正規表現
Googleフォーム Manual Plus
2024年4月30日_801
Q.
正規表現とは、どのようなことですか?
A.
端的に言えば、「いくつかの文字列を一つの形式で表現するための表現方法」です。
正規表現を利用すれば、たくさんの文章の中から容易に見つけたい文字列を検索できます。
正規表現とは、いくつかの文字列を一つの形式で表現するために、いくつかのある文字に対して特別な意味を与えています。
2024年4月30日_802
Q.
正規表現で使うの文字には、どのようなものがありますか?
A.
正規表現とは、いくつかの文字列を一つの形式で表現するために、いくつかのある文字に対して特別な意味を与えています。下記の半角文字がその役割を担っています。これらの特殊文字を正規表現では、「メタ文字」と呼んでいます。

正規表現で使用する特殊文字

 . ^ $ [ ] * + ? | ( ) 
このメタ文字を単なる普通の文字として検索する場合には、メタ文字の前に、を付与して利用します。
なお、を利用する場合は、\\ と書きます。
 \. \^ \$ \[ \] \* \+ \? \| \( \) 
2024年4月30日_803
Q.
正規表現の具体的な記述方法は、どのようなものですか?
A.
正規表現に関する詳しい情報は、Googleのヘルプページ 正規表現の構文 ≫
\d 0~9の任意の数字を照合します。[:digit:] と同じです。
[...] 文字セット内の任意の文字を照合します。連続する文字を利用する場合は、文字セット内の先頭文字と末尾文字をハイフンで区切ります。
[123] は「1、2、3」のいずれかの数字を照合します。
[a-f] は「a~f」の任意の文字を照合します。
[^...] 文字セット外の任意の文字を照合します。
[^a-f] は「a~f」以外の任意の文字を照合します。
{n} 直前の表現がちょうど n 回出現した場合を照合します。次に例を示します。
[a-c]{2} は、a~cの任意の文字が2回連続して出現した場合のみを照合するので「ab」や「ac」は照合しますが、「abc 「や「aabbc」は照合しません。
2024年4月30日_804
Q.
Googleフォームで利用可能な正規表現の具体的例は、どのようなものですか?
A.
Googleフォームでは、正規表現を利用することで、様々な入力制限が可能です。一方で、ハイフンなどは、全角や半角、似ている記号などもあり、回答者によっては入力が難しくなる可能性もあります。どこまで入力制限をかけべきなのかを検討することも重要です。
以下は、Googleフォームでよく使う正規表現の事例です。青い部分をコピーして利用できます。

郵便番号

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[\d{3}-\d{4}]→ カスタムエラーのテキスト欄には[xxx-xxxx形式で郵便番号を入力してください]  
正規表現においては「\d」は数字を意味します。その次の{3}は、3回くり返すを意味しますので、 青い部分の「\d{3}-\d{4}」は、数字を3回繰り返し + ハイフン + 数字を4回繰り返しという意味になります。
この形式でも[[0-9]{3}-[0-9]{4}]同じ入力制限となります。

携帯電話番号(ハイフンあり)

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[0\d0-\d{4}-\d{4}]→ カスタムエラーのテキスト欄には[xxx-xxxx-xxxx形式で携帯電話番号を入力してください]  
上記の正規表現は、0 + 数字1桁 + 0 + ハイフン + 数字4桁 + ハイフン + 数字4桁の意味です。

電話番号(ハイフンあり)

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^0\d{2,3}-\d{1,4}-\d{4}$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[ハイフンを入れて電話番号を入力してください]

電話番号(ハイフンなし)

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^0\d{9,10}$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[ハイフンを使わず電話番号を入力してください]

全角ひらがな

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^[ぁ-んー]+$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[ひらがな全角文字を入力してください]

全角カタカナ

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^[ァ-ンヴー]+$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[カタカナ全角文字を入力してください]

半角数値

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^[0-9]+$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[数値を半角文字を入力してください] 空文字対応なしの場合は[/^[0-9]*$/

半角英字

[正規表現]→[一致する]→ パターン欄には[/^[a-zA-Z]+$/]→ カスタムエラーのテキスト欄には[英字を半角字を入力してください]
空文字対応なしの場合は[/^[a-zA-Z]*$/
2024年4月30日_805
全てのご相談[ご相談の分類]
format_list_bulleted Clickで[ご相談の一覧]のページへ移動します。
quick_reference_all Clickで[ご相談と回答]のページへ移動します。

PTA未加入 ご相談の一覧 ≫

PTA組織運営 ご相談の一覧 ≫

PTA会費やPTA会計 ご相談の一覧 ≫

個人情報保護(用語や規定)ご相談の一覧 ≫

個人情報保護(対策や運用)ご相談の一覧 ≫

PTAでのICT活用 ご相談の一覧 ≫

Googleフォーム ご相談の一覧 ≫

PTA団体補償制度 ご相談の一覧 ≫

当協議会について ご相談の一覧 ≫

FAQ
全国PTA連絡協議会からのご案内
  • 園児•児童•生徒 総合補償制度に関する変更のご案内(2024年4月1日) ≫
  • PTA保険(PTA総合補償制度)につきまして、ご要望の多かった現契約の代替について、PTA単位での個別対応が可能となりました。お困りの場合は、当協議会にお気軽にご相談ください。お問い合わせ ≫
facebookでシェア
   
LINEでシェア
   
Xでシェア
   
リンクをコピー
全国PTA連絡協議会は、本サイト等の内容およびご利用者様が本サイトを通じて得る情報等について、その正確性、完全性、有用性、最新性、適切性、確実性、動作性等、その内容について何ら法的保証をするものではありません。当サイトに掲載されている情報を利用することで発生した紛争や損害に対し、当協議会は責任を負わないものとします。
また、本サイトの一部には法律的な根拠を求めることが難しい内容も含まれております。このような内容については全国PTA連絡協議会としての見解となります。
Site Map
Site Map
カテゴリー別 掲載記事一覧
カテゴリー ≫ Click … 同ページ内の記事概要へ移動します。
+ Click後、記事名 ≫ Click … 別ページの記事へ移動します。
カテゴリー ≫ … 同ページ内の記事概要へ移動
Click後、記事名 ≫ … 別ページの記事へ移動
お問い合わせ
PTA活動のアップデート

求められるPTAを目指して

PTA運営チェックリスト

PTA活動のスマート化

PTA活動でのコンプライアンス

任意加入説明と未加入者対応

適切な個人情報保護とその対策

法律面からPTAを考える

PTA活動支援や情報共有

セミナーや相談室、情報交換や情報共有

上部団体としてのPTA協議会や連合会

PTA協議会や連合会関連の情報

PTA活動と地域

PTAの備品

会費の使い方・会費集金

PTA会費の適切な使途

PTA活動に関わる事務

PTA会費集金の負担軽減

PTAでのITサービス導入支援

Wi-Fi利用環境の支援

ITライセンス支援(会員対象)

IT導入支援

Googleアプリの活用

オンライン会議の導入と活用

オンライン会議の活用

Zoomの活用

FAQ よくあるご質問

よくあるご質問

PTA活動

個人情報保護

ICTの利活用

PTA 事例紹介

PTA 事例紹介

ICT 導入事例

PTA団体補償制度など

PTA団体補償制度(会員対象)

補償制度 知っておくべき事

子どもたちの教育

子どもの教育費

子どもの教育や教育環境

子どもの安全、子どもの見守り

子どものメンタルヘルス

子どもの安全

犯罪から子どもを守る

保護者対象の情報やサービス

学校や教師に関する課題

保護者として

安心してインターネットを使うために

全国PTA連絡協議会の登録について
会員登録 当協議会へのご登録にあたり、会員団体に対する人的、金銭的なご負担はありません。
各都道府県、市区町村のPTAがフラットにつながることでメリットを享受いただける団体を目指しています。
会員団体の皆様には、事務負担や研修会・イベントなどへの動員は想定していません。
情報交換会や各種セミナーは、基本的にオンライン形式で開催いたしますので、皆様のニーズや関心に応じて、お気軽にご参加いただけます。
各種サービスをより多くのPTAの皆様にご利用いただけるよう心がけておりますが、助成制度や補償制度のご利用には、サービス性質上、当協議会へのご登録が必要です。
PTAの皆様は、金銭的や人的なご負担を気にせず、必要とされる事業やサービスをご利用ください。
本年の会員対象は、上部団体に未加入または休会中のPTA団体を原則としております。(図の緑部分)
  • 日本PTA全国協議会に未加入または休会中の協議会
  • 道府県PTA協議会に未加入または休会中の市区町村郡PTA連合会等
  • 市区町村郡PTA連合会に未加入または休会中の単位PTA
対象となるPTAの皆様、ぜひ、当協議会へのご登録をご検討ください。
上部団体からの退会・休会を検討中のPTAの皆様も、 お気軽にお問い合わせください。
全国PTA連絡協議会の会員登録はこちらから
記事
登録方法などは、
会員登録について ≫
記事
登録のあるPTAは、
会員登録団体 ≫
記事
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせ ≫
ダウンロード
全国PTA連絡協議会の概要
ダウンロード
更新:2024年2月7日