一般社団法人 全国PTA連絡協議会

目次  ≫

Zoom Manual 利用者編

アカウントなしでも参加できるZoomに関するManualの利用者編です。Zoomアプリのダウンロード、アカウント作成、会議の参加、トラブル対応などZoom会議に参加する利用者向けの情報です。
作成:2023/04/26  更新:2024/01/27
facebookでシェア
LINEでシェア
Xでシェア
リンクをコピー

利用者編(準備とアカウント登録)

Zoom利用にあたっての最初の準備です。

Zoomの利用にあたり必要なもの
  • インターネットへの接続環境
    ※無料の公衆Wi-Fiなどはセキュリティ上、推奨しません。
  • インターネットを利用できる端末(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)
  • Webカメラ(パソコンやタブレットにカメラが内蔵されていない場合)
  • イヤホンマイクやヘッドセット(マイクとスピーカーが内蔵されている端末を利用する場合でもあると便利)
いざZoomミーティングに参加しようとしても、ビデオや音声通話がうまく機能しない場合があります。
事前に「Zoomテストミーティング」に接続して機器の動作状況を確認にすることをお勧めします。また、Zooomアプリを事前にインストールしておくことも重要です。
利用端末へのZoomアプリのインストール
Zoomはアプリのインストールをしなくても利用できますが、Zoomアプリをインストールした上でのZoom利用を推奨します。

招待URLをWebブラウザーで開いた場合

Zoomのテストミーティングや招待URLをクリックしてブラウザーを開くと自動的にダウンロードが始まります。
自動的にダウンロードが始まらない場合は、[ダウンロードして開始してください]もしくは[Zoomをダウンロードして実行]をクリックしてください。
利用するブラウザーによって、自動ダウンロードの挙動やメッセージの内容などが違います。
ダウンロードが始まると、利用する端末OSに適したアプリケーションがダウンロードされます。
画面のメッセージに従ってインストールを実行してください。

Zoomのサイトからアプリをダウンロードする場合

  • お使いのブラウザーに、https://zoom.us/ と入力、または zoom.us ≫ をクリック
  • ページの右上にある[リソース]をクリックし、次に[Zoom クライアントのダウンロード]をクリックします。
  • [Zoom Client for Meetings]で、[ダウンロード]をクリックします。
  • ダウンロードしたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。
  • Zoomはシンプルなアプリのため、インストール自体に時間はかかりません。また、特に情報を入力する必要もありません。
端末へのインストールが完了したら、Zoomテストミーティング zoom.us/test ≫  へアクセスしての事前の動作確認をお勧めします。

テスト接続とトラブル対策

テスト接続(初めての利用やトラブル時に)
Zoomテストミーティングで、カメラ、マイク、スピーカーのテストが可能です。
テストミーティングへの参加に、アカウント作成は不要です。
テストミーティングには他の参加者はいません。
他に参加者のいるZoomミーティングでは、どちらの問題かわからない場合もあります。
個別にテストすることで問題の有無を事前確認できます。
Zoomテストミーティングへの参加方法は、テストしたい端末のブラウザーから zoom.us/test ≫ を開いて[参加]をクリックします。
Zoom Test Meeting
[起動中]と表示される画面に遷移し、ブラウザーのポップアップが表示されるので、[開く]もしくは[許可]をクリックしてください。
ポップアップが表示されない場合はもあります。
利用するブラウザーによってポップアップ画面の表示される位置や文言等が違います。
Windows
Mac
画面が表示されたら[ミーティングを起動]をクリックしてください。
Zoom Test Meeting
日本語の表示にならない
Zoom Language もし、日本語表示になっていない場合は、ページ下部までスクロールしてフッタ部分にある言語設定(Language)から「日本語」を選択してください。
ページによっては、日本語ページがないURLもあります。
接続段階でのよくあるトラブル

ビデオや音声が接続されない

ミーティングに参加できているのにビデオや音声が接続されない場合は、カメラやマイクの接続の問題、OSやZoomの設定の問題として、下記のような原因が考えられます。
問題の切り分けには「Zoomテスト接続」の利用をお勧めします。
  • カメラやマイクが内蔵されてない端末
  • マイク機能がついてないイヤホンやヘッドホン
  • 内蔵カメラにカバーやシールが貼ってある
  • ボリューム調整(音量調整)が最小状態
  • カメラ起動を示すLEDが光ってない(故障)
  • ケーブルがしっかり接続されていない(ケーブルを一度抜き差ししてみる)
テスト接続の方法 ≫

端末のスペック

少し古い端末などをご利用の場合は、サポートされているOS(オペレーティングシステム)、ブラウザー利用の場合サポートされているブラウザーの確認をお勧めします。
Zoomのシステム要件 ≫
ビデオ伝送にはある程度のスペックが必要です。
すでにお持ちの端末のスペックを確認するには、一度接続テストした方が簡単です。
テスト接続の方法 ≫

雑音が聞こえる

雑音は、参加者が個別にミュートすることで発生源を簡単に特定できます。
  • 周辺の環境音(工事、会話)
  • テレビやラジオの音声
  • 内蔵マイクが空冷ファンの音を拾っている

アプリやシステム障害等

  • 会議から一度退出(=切断)し、同じURLから再度参加(=接続)
  • 端末を再起動(理由は特定できないが直る場合があります)
  • Zoomのバージョン問題 → アプリのアップデート対応
    ※セキュリティの観点からも最新のバージョンの利用を推奨します。
    最新バージョンの確認は、Zoom ダウンロードセンター ≫
  • Zoomに起因するネットワーク障害など
    障害情報の確認は、Zoom Service Status ≫
ビデオや音声通話の品質に関するトラブル
接続ができているのであれば、下記のような観点からチェックしてみましょう。

問題の切り分け

自分だけの映像や音声に発生している問題かどうかを切り分けることが対策のポイントです。
他の参加者に状況を確認するなどして、問題の発生元を確認しましょう。
他に参加者のいるZoomミーティングでは、どちらの問題かわからない場合もあります。
問題の切り分けには「Zoomテスト接続」の利用をお勧めします。
テスト接続の方法 ≫

インターネット接続

ビデオや音声通話の品質が悪いが悪いなどインターネット接続が不安定な場合に、ビデオのコマ落ちやフリーズ、音声が正常に聞こえなくなってしまうケースもあります。
この場合はスピードテストを試してみて、インターネットの速度を確認してみてください。
もし普段よりも通信速度が遅い場合には、モデム・ルーターの再起動を行いインターネットの通信速度が改善されるかどうか試してみましょう。

ビデオの品質

自分の画像が暗いなどは、逆光など照明の問題が考えられます。また、カメラにシールなどが貼ってある場合もあります。

利用端末の負荷状況を確認してみましょう

アプリを利用している場合は、[統計情報]を利用して端末の状況を確認できます。
Zoom Zoomアプリでサインインすると、上部メニューの[ホーム]が選択された状態になります。
上部の右端にある[歯車アイコン]クリックしてください。
Zoom 左側のタブメニューから[統計情報]クリックしてください。
利用している端末の状況が「全体」「オーディオ」「ビデオ」「画面共有」の別に表示されます。

アカウント登録は無料で、すぐに始められます。

アカウントの作成(メールアドレス登録)
Zoomの(公式サイト≫)にアクセスして、ページ上部のメニュー右端の[無料でサインアップ]をクリックして、アカウントを作成しておきましょう。
Zoom Signup
Zoom 生まれ年 「年齢の確認」を入力して[続ける]をクリックしてください。
入力した「生まれ年」はZoomを利用できる年齢かどうかの判定のためだけに利用されます。
日本語で表示されない場合は、ページ上部のメニューの右端の言語を切り替えてください。
Zoom Signup [メールアドレス]を入力してから[続ける]をクリックしてください。
メールアドレス以外にも、Apple、Google、Facebookアカウントを使ってZoomアカウントを作成することもできます。
ロボットかどうかを判定される「reCAPTCHA」が表示された場合は、表示された画像から対象のタイルを選択して[確認]ボタンをクリックしてください。表示されない場合もあります。
アカウントの作成(メールを受信したら)
Zoomから「メールを認証してください」という内容のメールが届くのでメールボックスを確認します。
Zoom メールを開いて数値で記載された認証コード確認し、ブラウザーで[認証コード]を入力したら[認証]をクリックします。
表示される[アカウントを作成]画面で、氏名と設定したいパスワードを入力したら[続ける]をクリックしてください。
Zoom Zoomでは基本的に「姓名」ではなく、「名姓」の順番に表示されます。
パスワードで使える「文字種」や「文字数」などには制限があります。制限の内容は状況に応じて自動表示されます。
Manualの目次は こちら ≫

利用者編(アプリ利用にあたって)

Zoomアプリをインストールしたら

初めてアプリ開く時(iOS)
iPhoneやiPadにZoomアプリをインストールしてアプリを初めて起動すると、Zoomアプリからカメラやマイクへのアクセスを許可するよう求められます。
ここで[OK]をタップすればいいのですが、[許可しない]を選択してしまうと、Zoomアプリでカメラやマイクが利用できなくなります。
Zoom Zoom
Zoom Zoomアプリで、カメラやマイクが使えないときには、iPhoneやiPadの設定を見直してみましょう。

アクセス許可の設定方法

  • [設定]をタップ
  • [プライバシーとセキュリティ]をタップ
  • [マイク]をタップ
  • [Zoom]アイコンを探してトグルスイッチをオン
  • 左上の[<戻る]をタップで、プライバシーとセキュリティ画面を表示
  • [カメラ]をタップ
  • [Zoom]アイコンを探してトグルスイッチをオン

トラブルシュート(スピーカー)

Zoomミーティングで他の人の声が聞こえない場合は、
  1. Zoomミーティングで音声がミュートになっていないことを確認してください。左上隅に灰色のマイクアイコンが表示されます。
  2. iOS端末の音量を上げてください。
  3. イヤホンを使用してみてください。
  4. iOS端末を再起動してください。
  5. App StoreからZoomを再インストールしてください。

トラブルシュート(マイク)

マイクを使用する際に問題が発生した場合は、
  1. マイクがミュートになっていないことを確認してください。主催者がミーティングへの参加時にあなたをミュートした可能性があります。
  2. iOS端末のマイクが接続していることを確認してください。
  3. イヤホンを使用してみてください。
  4. [設定]>[プライバシーとセキュリティ]>[マイク]>[Zoom]でマイクのアクセスが有効か確認してください。
  5. 他のアプリケーションが同時にマイクを使用していないことを確認してください。 ホームボタンをダブルタップすると、現在実行中のアプリケーションを確認できます。アプリケーションを閉じるには、上にスワイプしてください。
  6. iOS端末を再起動してください。
  7. App StoreからZoomを再インストールしてください。
初めてアプリ開く時(Andorid)
Android端末にZoomアプリをインストールしてアプリを初めて起動すると、Zoomアプリからカメラやマイクへのアクセスを許可するよう求められます。
ここで[OK]または[許可]をタップすればいいのですが、[許可しない]を選択してしまうと、Zoomアプリでカメラやマイクが利用できなくなります。
Zoom Zoom
アプリ初回起動時またはミーティング初回参加時に必ず以下の確認が入ります。[OK]または[許可]を選び、機能の有効化をしてください。
通 知Zoomへのアクセスを許可してください。
ビデオZoomに、カメラにアクセスし写真またはビデオの撮影を許可しますか?
マイクZoomに対してマイクに直接アクセスして音声を録音することを許可しますか?
音 声「デバイスオーディオを介して通話」を選択。
Zoomアプリで、カメラやマイクが使えないときには、iPhoneやiPadの設定を見直してみましょう。

アクセス許可の設定方法

  1. [設定]をタップ
  2. [プライバシーとセキュリティ]をタップ
  3. [マイク]をタップ
  4. [Zoom]アイコンを探してトグルスイッチをオン
  5. 左上の[<戻る]をタップで、プライバシーとセキュリティ画面を表示
  6. [カメラ]をタップ
  7. [Zoom]アイコンを探してトグルスイッチをオン

トラブルシュート(スピーカー)

Zoomミーティングで他の人の声が聞こえない場合は、
  1. Zoomミーティングで音声がミュートになっていないことを確認してください。
  2. Android端末のスピーカーの音量を上げてください
  3. イヤホンを使用してみてください。
  4. Android端末を再起動してください。
  5. PlayストアからZoomを再インストールしてください。

トラブルシュート(マイク)

マイクを使用する際に問題が発生した場合は、
  1. マイクがミュートになっていないことを確認してください。主催者がミーティングへの参加時にあなたをミュートした可能性があります。
  2. Android端末のマイクが接続していることを確認してください。
  3. イヤホンを使用してみてください。
  4. [設定]>[アプリケーションマネージャ]>[Zoom]でマイクのアクセスが有効か確認してください。
  5. 他のアプリケーションが同時にマイクを使用していないことを確認してください。タスクマネージャのアイコンをタップすると、現在実行中のアプリケーションを見ることができます。これらのアプリケーションは右にスワイプして閉じることができます。
  6. Android端末を再起動してください。
  7. アプリケーションマネージャからZoomをアンインストールし、PlayストアからZoomを再インストールしてください。
アプリの[設定]
Zoomアプリの設定画面では、Zoomの利用にあたって必要な様々な設定が可能です。
設定画面を開くは、アプリ起動後に画面右上(赤枠部分)にある[歯車]アイコンをクリックします。

Zoomアプリの[ホーム]画面

Zoom この設定画面から主要な項目の設定が可能ですが、Zoom公式サイトにサインインしないと設定できない項目もあります。
設定画面の左側(黄枠部分)のタブには、一般、ビデオ、オーディオ、画面共有、チームチャット、Zoom連携アプリ、背景とエフェクト、レコーディング、プロフィール、統計情報、フィードバック、キーボードショートカット、アクセシビリティなどの項目があります。

設定画面の[一般]タブ

Zoom [一般]タブが選択されている場合、画面から画面右下(赤枠部分)にある[さらに設定を表示]をクリックすることでZoom公式サイトへ移動が可能です。

ミーティング中に設定画面を表示するには

  1. [ミュート]の右側にある[^]を選択し[オーディオオプション]をクリック。
    [コンピューターオーディオのテスト]をクリック
  2. [ビデオの開始]の右側にある[^]を選択し[ビデオ設定]をクリック
Manualの目次は こちら ≫

利用者編(ミーティング参加するには)

招待URLを受け取ったら

アプリのインストール前に招待URLを開く
招待URL(緑文字の部分はミーティングID) https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  • 招待URLを利用せず、ミーティングIDとパスコードを入力して参加する方法もあります。

招待URLをクリックしてブラウザーで開く

Zoom Zoomアプリのインストールしていない場合は、自動的にダウンロードが始まります。
自動的にダウンロードが始まらない場合は、黄枠部分の「ダウンロードして開始してください」もしくは「Zoomをダウンロードして実行」をクリックしてください。

Webブラウザーだけで参加する場合

ミーティング主催者が「ブラウザーから参加する」を可能な設定にしている場合、参加者はZoomアプリをインストールすることなくミーティングに参加できます。
Webブラウザーで参加する場合は、赤枠部分の[ブラウザーから参加する]をクリックし、名前の入力するとミーティングに参加できるようになります。
Zoomアプリを利用せずWebブラウザーで参加する場合は、利用できる機能に制限があります。ご利用にあたってはZoomアプリをインストールしてアプリでの参加を推奨します。
Webブラウザーだけで参加する(アプリなし)
Zoom Webクライアント(Webブラウザー)を使用すると、Zoomのプラグインやソフトウェアをダウンロードすることなく、Zoomミーティングやウェビナーに参加できます。ただしWebクライアントには利用できる機能に制限があります。
Zoom Webクライアント(Webブラウザー)の利用にあったては、Google Chrome、Firefox、Chromium Edgeのいずれかの利用が推奨されます。
Webブラウザー(Zoom Webクライアント)からミーティングに参加するには、招待リンクをクリックするか、ミーティングの参加ページにミーティングのIDを入力し「参加」をクリックします。
Zoom 表示されたブラウザーの画面で赤枠部分の[ブラウザーから起動してください]をクリックすると、ブラウザー上でZoomミーティングに参加できます。
アプリをインストール後に招待URLを開く
招待URL(緑文字の部分はミーティングID) https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  • 招待URLを利用せず、ミーティングIDとパスコードを入力して参加する方法もあります。

招待URL(ミーティングURL)をクリックしてブラウザーで開く

Zoom ブラウザーのポップアップが表示されるので、赤枠部分の[開く]もしくは[許可]をクリックしてください。
もしポップアップが表示されない場合は、黄枠部分の[ここをクリック]をクリックしてください。
初回は「名前」を設定する画面が開くことがありますので、ミーティングで表示する名前を設定してください。ミーティング参加後にも名前の変更は可能です。
アプリにミーティングIDとパスコード入力して参加
Zoomアプリでサインインすると、上部メニューの[ホーム]が選択された状態になります。
Zoom [参加]をクリックしてください。
Zoom [ミーティングID]を入力してください。
初回は[名前]が空欄の場合もありますので、ミーティングで表示する名前を設定してください。ミーティング参加後にも名前の変更は可能です。
Zoom [パスコード]を入力してください。
  • ミーティングIDとパスコードを入力せず、招待URLを利用して参加する方法もあります。
画像は、iPhoneの例です。
左から順に[参加]をタップ、[ミーティングID]を入力、[パスコード]を入力してください。
Zoom Zoom Zoom
ミーティングに接続したら
ホストが参加するのを待つ
セキュリティ等の理由で[ホストより先に参加することを参加者に許可] しない設定(待合室あり設定)のミーティングでは、参加者には「ホストがこのミーティングを開始するのをお待ちください」というポップアップダイアログが表示されます。
Zoom ホスト(主催者)が参加を許可するまでしばらくお待ちください。
待っている時間に[コンピューターオーディオをテスト]をクリックして、利用している端末のスピーカー&マイクのテストをしておきましょう。

待合室なし設定

[ホストより先に参加することを参加者に許可]の設定がしてあるミーティングでは、ホストがミーティングに参加する前、あるいはホストがいない状態で、参加者はミーティングに参加できます。
参加者はスケジュールされた開始時刻前の任意の時間、あるいは5分、10分、15分前に参加できるようになります。
ビデオに参加する
ミーティングでビデオがオンに設定されている場合、ビデオのプレビュー画面が表示されます。
Zoom カメラの映りを確認して問題なければ[ビデオオンで参加]をクリックします。
Zoomアプリの設定でミーティング開始時のビデオをオフにしている場合は、ミーティングの都度ビデオをオンにする必要があります。
始めからビデオをオンにしておきたい場合は、Zoomアプリにサインインして、上部の右端にある[歯車アイコン]クリックしてください。
左側のタブメニューから[ビデオ]をクリックして、[ミーティングに参加する際、ビデオをオフにする]のチェックをオフにしてください。
オーディオ(音声通話)に参加する
[コンピュータオーディオに参加する]をクリックして音声通話に参加します。
Zoomではデフォルトでオーディオ(スピーカーとマイク)が無効化されているため、[コンピュータオーディオに参加する]をクリックしてオーディオを有効にする必要があります。
オーディオに接続しないと、自分から話しかけても相手に聞こえませんし、ミーティングルーム内のほかの参加者の声も聞こえません。
Zoom 音声通話に参加する前に、必要な場合は[コンピューターオーディオをテスト]をクリックして、利用している端末のスピーカー&マイクのテストもできます。
ミーティングの都度[コンピュータオーディオに参加する]をクリックするのが面倒だという場合は、下部にある[ミーティングへの接続時に、自動的にコンピューターでオーディオに接続]のチェックボックスを有効にすることをお勧めします。
録音・録画の承諾ダイアログ
このダイアログは、ミーティングのホストまたは参加者がZoomのレコーディング機能を利用して「録音・録画を始める」または「録音・録画している最中」にミーティングに参加した場合に表示されます。
Zoom このダイアログ表示がされた場合、同意して続ける[了解]または同意しないで「ミーティングを退出」または「会議を退出」のいずれかをクリックしてください。
Manualの目次は こちら ≫

利用者編(ミーティング参加したら)

知っていると便利なこと

参加者の表示形式

ギャラリービューとスピーカービュー

ミーティング参加するとこのような形式のいずれかで参加者が表示されます。
表示モードの切り替えは、画面右上(赤枠部分)にある[表示]アイコンをクリックします。
ギャラリービュー
Zoom
スピーカービュー
Zoom

ビューの選択

Zoom

ギャラリービュー

Zoom ギャラリービューは、発言できる参加者がすべて表示される形式です。
参加者の画像は格子状に表示され、参加者がミーティングに参加したり退出したりするたびに拡大・縮小します。
デスクトップクライアントでは、お使いのCPUに応じて、ギャラリービューの一画面に最大25人または49人の参加者を表示できます。
一画面に表示可能な人数よりも多くの参加者がミーティングに参加している場合は、各画像に最大数のサムネイルを表示する追加ページが作成されます。
ギャラリービューで右または左の矢印をクリックすると、次のページの参加者が表示され、最大1,000人の表示が可能です。 ギャラリー表示中に参加者が発言を開始すると、そのアクティブな参加者が表示中のページに移動してハイライト表示され、誰が発言しているのかを簡単に認識できるようになります。
この機能は、カスタムギャラリーオーダーを使用している場合には、オーダーが維持されるため、使用できません。
画面に表示可能な最大人数は端末の種類やスペックにより異なります。
パソコン スマホ タブレット
25/49人 49人 16/25人

スピーカービュー

Zoom スピーカービューは、大きなビデオウィンドウで、3人以上のミーティング参加者のうち、誰が話しているかを切り替えます。
自分ともう一人の参加者がいる場合は、自分のビデオが上に小さく表示され、相手のビデオが下に表示されます。
ピンビデオとスポットライト
ピンビデオ(ピン留め)とスポットライトは、どちらも特定の参加者を固定表示する機能です。
スピーカービューモード時に利用可能で、発言中の人が大きく表示される(アクティブスピーカー表示)を無効にし、指定した参加者を常に固定して表示します。
ビデオありのミーティングで3人以上の参加者がいる場合のみアクティブになります。
全参加者に特定の参加者を見せるスポットライト機能はホストのみがに設定でき、強制的に全参加者に共有されます。

利用方法

  1. ミーティング画面に表示されている参加者のウインドウをクリック
  2. ウインドウの【…】をクリック
  3. [ピン]または[スポットライト]をクリック

ピンビデオとスポットライトの違い

ピンビデオスポットライト
使用環境PCのみPC、スマホ、タブレット
利用権限全ての参観者ホストまたは共同ホストのみ
影響範囲自分のパソコン上のみ全てのミーティング参加者に影響
録画時自分のデータのみ反映参加者全員のデータに反映
ギャラリーピンビデオスポットライト

Zoom
ギャラリービュー
Zoom
ギャラリービュー
Zoom
スピーカービュー
Zoom
スピーカービュー

ホスト:○
参加者:○
ホスト:○
参加者:○
ホスト:○
参加者:×

自分のみ 自分のみ 全ての参加者
ミーティングコントロール
ミーティングコントロールとは、ミュートやビデオなどの各種機能を設定するツールバーのことで、赤枠の部分です。
スマホやタブレットでは、通常Zoomの画面をタップした際に上部に表示されます。
Zoom

ミーティングコントロール(赤枠部分)の拡大画像

Zoom
Zoom

ミーティングコントロールの常時表示

スマホなどでは、Zoomアプリのインストール初期状態では画面の操作をしていない時には見えない状態になっており、画面をタップしたときに表示されるような設定になっています。
この表示を常時表示に変更すると、自分の現在の状況がいつでも確認でき予期せぬ動作を防止できます。
Zoomアプリの[設定]画面を開き、左側のタブメニューから[一般]をクリックします。
続いて[ミーティングコントロールを常に表示する]をオンにすると、ミーティングコントロールが常時表示されるようになります。
Zoom
Manualの目次は こちら ≫

利用者編(ミーティングコントロールの機能)

参加者として覚えておくと便利なこと
ミュート/ミュート解除
Zoom ミュートとは、自分のマイクを消音にすることです。
[ミュート]をクリックすると、自分のマイクがミュートされます。
[ミュート解除]をクリックすると、自分のマイクのミュートが解除されます。
Zoomアプリの[設定]を変更すると、ミュートアイコンを利用しなくてもスペースキーを押している間だけミュートが解除される[プッシュトーク]機能も利用可能です。

ピンビデオとスポットライトの違い

マイクマイクデバイスを選択します。
スピーカースピーカーデバイスを選択します
スピーカー&マイクを
テストする
Zoomがスピーカーとマイクを正しく認識しているかをテストすることができます。
電話のオーディオに
切り替える
電話を利用してオーディオに接続します。
コンピュータ
オーディオからの退出
コンピュータオーディオを切断すると、スピーカーからの音声の出力やマイクへの入力が無効化されます。
オーディオ設定Zoomアプリの[設定]を開き、左側のタブメニューから[オーディオ設定]をクリックします。
ビデオの停止/ビデオの開始
Zoom [ビデオの停止]をクリックすると、自分のビデオをオフに、[ビデオの開始]をクリックすると、自分のビデオをオンにできます。

アイコン右側の[∧]

Zoom アイコン右側の[∧]をクリックすると、ビデオに関するメニューが表示されます。
画像の黄枠部分では、接続中カメラを表示しています。画像の例では、3種類のカメラが接続されています。
画像の赤枠部分では、自分のビデオ表示に関するオプションは利用できます。
背景をぼかす人物のみにフォーカスし、室内などの背景をぼかします。
バーチャル背景
を選択
バーチャル背景のオン/オフの変更や、バーチャル背景として利用する静止画、動画の切り替えを行います。
ビデオフィルター
を選択
ビデオフィルターのオン/オフの切り替えや種類の変更ができます。
アバターを選択自分の姿を3Dキャラクターに変化させて映すことができるので、Vtuberのような見た目でWeb会議をすることができます。アバターはの3Dキャラクターは選択が可能で、選択するとすぐに上部のプレビュー画面に反映されま
ビデオ設定Zoomアプリの[設定]を開き、左側のタブメニューから[ビデオ設定]をクリックします。
参加者
Zoom [参加者]をクリックするとミーティングに参加している参加者一覧が右側に表示されます。数字は、参加人数を表示しています。
Zoom

参加者一覧

Zoom 画像は参加者7名の例です。自分とホストが表示されています。
ホスト欄に表示されているアイコンは、青色が[画面共有中]、赤色が[録画中]を示しています。
マイクの緑表示は発言中です。

参加者一覧でわかること

参加者一覧では、待機室、ミーティングルーム別に情報が表示されます。
  • 参加人数、参加者の名前(参加者の設定に依存)
  • ミュートの状態、音声の状態(オーディオの切断をしているか)
  • カメラの状態(ビデオのオンオフや、そもそもカメラ機能がない参加中など)
    ※カメラをUSB接続していて、接続に不具合があるとカメラは認識されません
  • 発言しているのは誰か
  • 挙手しているのは誰か
  • ホスト、共同ホストは誰か
  • 画面共有をしている時は、誰が画面共有をしているか
  • レコーディングをしているかどうか

参加者での操作

Zoom 自分の欄を選択すると、[ミュート][名前の変更]が表示され、ミュートオンオフや表示される名前の変更できます。
ホストと共同ホストは、自分以外の参加者に対しても、[ミュート][名前の変更]ができます。

アイコン右側の[∧]

Zoom アイコン右側の[∧]をクリックすると、参加者の招待に関するメニューが表示されます。
招待表示される[メール]タブをクリックすることで、本文にミーティング情報が記載されたメールが自動的に作成する所とが可能です。
招待リンクを
コピー
参加中のミーティングへのリンク(招待URL)をコピーします。
チャット(基本操作)
Zoom 他の参加者とのテキストチャットが利用できます。[チャット]をクリックすると右側にチャットが開きます。
Zoom

メッセージの送信

Zoom 赤枠部分のドロップダウンをクリックして宛先を選択し、黄枠部分のチャットボックスにメッセージを入力します。
青枠部分で[送信]アイコンをクリックメッセージを送信します。[Enter]キーでも送信されます。

アイコン右側の[∧]

Zoom アイコン右側の[∧]をクリックして[チャット プレビューを表示]をオンにすると、URLなどを送ったときに、そのサイトのプレビューが表示されます。

チャットウインドウ

Zoom チャットウインドウ右上をクリックすると、チャットウインドウの設定が可能です。
チャット(便利な機能)

メッセージへの返信

Zoom 該当メッセージ下部のアイコンをクリックすると、メッセージへの返信ができます。

メッセージの反応

Zoom 該当メッセージ下部のアイコンをクリックすると、絵文字が選択できます。

メッセージの引用や削除

Zoom 該当メッセージ下部をクリックすると、メッセージへのコピー、引用、削除ができます。

メッセージの引用や削除

Zoom 該当メッセージ下部をクリックすると、メッセージへのコピー、引用、削除ができます。

ファイルの送信

Zoom チャットウインドウの下部をクリックすると、ご自身のファイルを送信できます。
利用中の端末意外にも、各種アプリに保存されているファイルも送信できます

ホストによるチャットの利用設定

Zoom ホストまたは共同ホストは、チャットウインドウの下部をクリックすると、参加者のチャット利用に関する設定が可能です。
画面共有(基本操作)
Zoom ミーティング中、実行しているあらゆるデスクトップ、タブレット、モバイルデバイスでの画面共有が簡単に行えます。

画面共有中のミーティングコントロール

画面共有を開始すると、ミーティングコントロールが、ドラッグできるメニューとなります。
Zoom
表示されるミーティングコントロールには、画面共有に関連したメニューが追加されます。
また、共有状況や、共有の停止も追加されます。
Zoom
画面共有で表示されるミーティングコントロール
新しい共有新しい画面共有を開始します。再度、共有する画面を選択するようメッセージが表示されます。
共有の一時停止/
共有の再開
現在の共有を一時停止します。また、共有を再開します。
コメントを付ける画面共有ツールを使用して、描画、テキストの追加などができます。

コメントを付ける

[コメントを付ける]をクリックすると、共有画面への注釈メニューが表示されます。
Zoom
マウス注釈ツールを無効にし、マウスカーソルに切り替えます。 このアイコンは注釈ツールがアクティブではない場合青色で表示されます。
選択注釈した部分の選択、移動、またはサイズの変更を行います。 複数の注釈を一度に選択するには、クリックした後マウスをドラッグして選択する範囲を表示します。
テキスト共有画面にテキストを記入します。
描き込む共有画面に自由に絵を描きます。
スタンプハートや星型、矢印等のスタンプを押せます。
スポットライトカーソルをスポットライトまたは矢印に変えます。
消しゴム書いたメモを消します。
フォーマット注釈ツールのフォーマットを変更します。
元に戻す最後の変更を元に戻します。
やり直し元に戻した最後の注釈をやり直します。
消去記入した注釈を消去します。
保存共有画面/ホワイトボードと注釈をPNGまたはPDFとして保存します。スクリーンショットはローカルレコーディングの保存場所に保存されます。
画面共有(開始する)

画面共有の手順

  1. ミーティングコントロールにある[画面共有]ボタンをクリックします。
  2. 共有したい画面を選択します。お使いのコンピュータ、デスクトップ、ホワイトボード、またはスマホやタブレット上で既に開いている個々のアプリケーションを選択できます。
  3. 画面左下にある黄枠部分のオプション項目を選択します。
  4. 画面右下にある赤枠部分の[共有]をクリックします。

オプション:音声を共有

コンピュータで再生されるあらゆる音声がミーティングで共有されます。 画面共有者は、ミュートのままでもコンピュータで再生される音声は共有されます。

オプション:ビデオクリップに最適化

ビデオクリップをフル画面モードで共有する場合、これにチェックマークを入れます。
それ以外の場合にはチェックしないでください。共有する画面がぼやけます。
また、こちらにチェックを入れた状態でアプリケーションの共有をすると、アプリケーションの上に他のウィンドウやZoomのツールバーが重なった際に影となって表示されてしまいます。

画面共有の制限

Zoomのデフォルト設定では、画面を共有できるのはホストのみです。
参加者が画面を共有する場合には、ホストがミーティングの設定画面で[複数の参加者に画面共有を有効にする]を有効にしている必要があります。
この他ホストによる設定項目として[複数の参加者が同時に共有可能]などがあります。

画面共有時の一般的な心がけ

  • デスクトップを整理する
  • 予測変換機能をOFFにする
  • ブラウザーを表示する場合は、ブックマークバーの非表示やシークレットモードを利用する
  • 他のアプリの通知を切る

デュアルモニター

デュアルモニターを利用可能な環境の場合は、デュアルモニターの機能を使い、画面共有と参加者を別々のモニターに表示することができます。
画面共有(共有対象)
画面共有が可能な対象は、デスクトップ、利用中のアプリケーション、ホワイトボード、iPhone/iPadです。アプリケーションを利用して音声や動画も共有可能です。

デスクトップ(Desktop)

デスクトップの画面共有は、自分の端末のデスクトップ画面の様子を共有します。
共有すると、それまで自分自身を映し出していたミーティング画面は閉じ、デスクトップの外枠が緑色で囲まれます。
これが、画面共有中のサインです。ミーティングに参加している相手には、この緑色の枠内の様子がリアルタイムに表示されています。 デスクトップ共有時には、デスクトップ上に表示させているものは、マウスカーソルの動きを含めすべて相手に移し出されます。フォルダやファイルにかかったパスワードを入力する様子もすべて共有されてしまう点に注意が必要です。
もし誤って共有すべきでない画面を共有してしまったときは、慌てず、赤で表示されている[画面共有の停止]をクリックしてください。

利用中のアプリケーション

デスクトップ全体を共有するのではなく、特定のアプリケーションの画面のみを相手に共有します。
現在表利用中のアプリケーションの画面を選択するだけです。ただし、選択する前に共有したいアプリケーションを開いておく必要があります。
デスクトップ共有とアプリケーション共有の違い 特定のアプリケーションをデスクトップ上にフルサイズで開いてその様子を共有すること(デスクトップ共有)と、特定のアプリケーションを選んで共有すること(アプリケーション共有)とでは、参加者の画面に表示される様子は同じでも、共有の方法としては差があります。
アプリケーション共有中は、アプリケーションの画面のみが緑色の枠で囲まれます。
デスクトップ共有は、デスクトップの全体を共有しているので、もしアプリケーションのウィンドウを小さくしたり、動かしたりすれば、その後ろに隠れていた何かしらのウィンドウはもちろん、デスクトップの背景も共有相手の画面に映し出されてしまいます。
アプリケーション共有は、選択されたアプリケーションの画面のみを表示するため、共有者がアプリケーションのウィンドウをどれほど小さくしようとも、あるいは画面上のどこへ移動させても、参加者の画面には常にそのアプリケーションの画面だけが映し出されます。
共有画面を選択する際、見かけ上では両者は同じように見えるかもしれませんが、アプリケーションの場合にはアプリケーション名が、デスクトップの場合には、デスクトップと表示されていますので、両者の違いを理解した上で共有する画面を選びましょう。
また、アプリケーション共有中に、そのアプリケーションを閉じると、共有は一時中断されますが、相手には閉じる直前の様子が映し出されたままとなります。
共有を終了する際には、共有しているアプリケーションを閉じるのではなく、[共有の停止]をクリックして共有を終了するようにしましょう。

ホワイトボード

デスクトップや特定のアプリケーションではなく、仮想のホワイトボードを表示させ、その画面を共有することもできます。
会議を進めながら、内容を図示したりイラストで説明する際に非常に便利です。
デスクトップ共有やアプリケーション共有では、共有者の画面にミーティング参加者が何かを加えたりすることはできませんが、ホワイトボードにはすべてのミーティング参加者が相互に書き込むことが可能です。
参加者ごとにペンや蛍光ペンが色分けされますので、図示された内容に修正を加えたり、消しゴムで訂正したりといったことも可能です。ブレインストーミングなどのも便利な機能です。

iPhone/iPad

スマートフォンからミーティングに参加して画面共有することとは異なり、パソコン(PCやMac)にミラーリングさせてスマホやタブレット画面を、パソコンを介して共有する方法です。
iOSデバイスでしか表示させられないアプリの画面を、わざわざスマホやタブレットからミーティングに参加せずとも相手に表示させることができるので、ウェブサイトがiPhoneの画面上でどのように表示されるのかを確認する際などに便利な機能です。
iPhone/iPadの画面共有に方法は、パソコンとiPhone/iPadをケーブルでつなぐ方法と、Airplayを使ってミラーリングする方法の二つがあります。
iPhone/iPadの画面共有方法

ケーブル接続

Zoomでの操作は、デスクトップ共有やアプリケーション共有と同じです[画面共有]をクリックして、共有画面の一覧で[iPhone/iPad via Airplay(Cable)]をクリックするだけです。
Zパソコン(PCやMac)とiPhone/iPadを初めてケーブル接続した場合、iPhone/iPad側に「このコンピューターを信頼しますか?」という表示が出ますので[信頼]をタップします。接続を確認した上で、Zoomの[画面共有]をクリックしてください。

Airplayによるミラーリング

Airplayを使った画面ミラーリングとは、iOSの機能の一つで、iPhone/iPad上の画面を、連携するそのほかのデバイスに表示することが可能です。
Airplayを利用する場合には、パソコンとiPhone/iPadが同じWi-Fiネットワークに接続されている必要があります。共有画面の一覧で[iPhone/iPad via Airplay(Cable)]をクリックすると、どのデバイスとミラーリングするかが一覧で表示されますので、共有したい端末を選択します。
Zoomミーティングの参加者には共有社のiPhone/iPadの画面がそのまま表示され、画面のスクロールやアプリケーションの起動など、操作している画面がリアルタイムで共有されます。Airplayによるミラーリングもデスクトップ共有と同様に、パスワード入力時などには注意が必要です。

Android端末の画面を共有

iPhone/iPadの場合は専用のアプリをインストールしなくても可能ですが、Android端末の場合は画面ミラーリングを可能にする専用アプリのインストールが必要です。
Android端末で画面共有したい場合の最もシンプルな方法は、Android端末にZoomアプリをインストールし、アプリからZoomミーティングに参加した上で、その画面を共有する方法です。

音声や動画

共有したい音声や動画を自分のパソコンで再生し、その再生アプリケーションを画面共有しましょう。
共有画面を選択する際に、画面右下にある[コンピューターの音声を共有]のチェックをオンにします。チェックをオンにしないと、共有者のパソコンで流れた音声を、共有者のマイクが拾って相手に送信する形になり、大きなノイズが入るなどして参加者側には適切に再生されません。
また、動画の場合は、画面右下にある[全画面ビデオクリップ用に最適化]のチェックをオンにすると、フルサイズで表示した動画を適切な大きさにZoomが調整して参加者側に側に表示してくれます。

バーチャル背景としてのPowerPoint

スライドショーをバーチャル背景として表示

画面の部分

モニターに表示されている画面の一部(枠の大きさはドラッグによって調整可能)

ファイル

サードパーティアプリからのファイル共有
Dropbox、OneDrive、Google Drive、Box、Microsoft SharePoint

第2カメラのコンテンツ

コンピュータに接続されている第2カメラの映像
リアクション
Zoom Zoomには、アイコンで意思を伝えたり、リアクションをしたりする機能があります。

リアクションを使うメリット

  • 話し手に話を聞いていると伝えることができる。
  • 話し手に感情を伝えることができる。
  • 相手から反応があることで話し手も進行しやすくなる。
  • ちょっとした質問に回答してもらうことができる。

リアクションの使い方

Zoom [リアクション]をクリックして、使いたいアイコンをクリックするだけです。
絵文字
(挙動)
拍手、グッド、ハート、感激、驚き、クラッカー
表示されたアイコンは10秒程で自動的に表示されなくなります。
意思表示 はい、いいえ、もっと遅く、もっと速く、離席中
挙手
(挙動)
手を挙げる/手を降ろす
挙手アイコンは[手を降ろす]をクリックするまで表示されたままになります。
※絵文字や意思表示はホストの設定により利用できな場合があります。

絵文字のオプション

Zoom 絵文字の中に使いたいリアクションがない場合は、右端にある[…]をクリックすることでメニューに表示されていないリアクションの一覧が表示されます。

リアクションの表示場所

参加者ビュー左上
Zoom
参加者の一覧
Zoom

リアクションのスキントーン

リアクションのスキントーンを設定するには、Zoomアプリの[設定]を開き、左側のタブメニューから[一般]をクリックします。
[リアクション]の[スキントーン]からスキントーンを選択します。

アイコン右側の[∧]

Zoom アイコン右側の[∧]をクリックすると、ハンドジェスチャー認識の切り替えができます。
ハンドジェスチャーの自動認識機能をオンにしたら、手のひらを画面に向けてしっかり映るように挙手します。
すると、タイマーのようなマークがでて、数秒ほど動作をキープすると、自分のビデオの画面左上にハンドジェスチャーアイコンが出現します。
ただし、手を挙げる機能は自動認識できますが、手を下げる自動認識機能はないので、自分で[手を降ろす]をクリックしてください。

Zoom Manual 目次

利用者編、主催者編、活用編に記載の全項目です。≫ から移動できます。

Zoom Manual 目次 利用者編

Zoom利用にあたっての最初の準備です。

  • Zoomの利用にあたり必要なもの ≫
  • 利用端末へのZoomアプリのインストール ≫

テスト接続とトラブル対策

  • テスト接続(初めての利用時やトラブル発生時に) ≫
  • 日本語の表示にならない ≫
  • 接続段階でのよくあるトラブル ≫
  • ビデオや音声通話の品質に関するトラブル ≫

アカウント登録は無料で、すぐに始められます。

  • アカウントの作成(メールアドレス登録) ≫
  • アカウントの作成(メールを受信したら) ≫

Zoomアプリをインストールしたら

  • 初めてアプリ開く時(iOS) ≫
  • 初めてアプリ開く時(Andorid) ≫
  • アプリの[設定] ≫

招待URLを受け取ったら

  • アプリのインストール前に招待URLを開く ≫
  • Webブラウザーだけで参加する(アプリなし) ≫
  • アプリをインストール後に招待URLを開く ≫
  • アプリにミーティングIDとパスコード入力して参加 ≫

ミーティングに接続したら

  • ホストが参加するのを待つ ≫
  • ビデオに参加する ≫
  • オーディオ(音声通話)に参加する ≫
  • 録音・録画の承諾ダイアログ ≫

知っていると便利なこと

  • 参加者の表示形式 ≫
  • ピンビデオとスポットライト ≫
  • ミーティングコントロール ≫

参加者として覚えておくと便利なこと

  • ミュート/ミュート解除 ≫
  • ビデオの停止/ビデオの開始 ≫
  • 参加者 ≫
  • チャット(基本操作) ≫
  • チャット(便利な機能) ≫
  • 画面共有(基本操作) ≫
  • 画面共有(開始する) ≫
  • 画面共有(共有対象) ≫
  • リアクション ≫

Zoom Manual 目次 主催者編

ミーティングをスケジューリング(予約開催)

  • Zoomアカウントにサインイン ≫
  • ミーティングの予約(スケジューリング) ≫
  • ミーティングの設定項目 ≫
  • ミーティングの設定項目(オプション) ≫

予約したミーティングへの招待

  • 招待状のコピー ≫
  • 参加者宛の招待メール作成例 ≫

予約したミーティングを開始する

  • Webブラウザーから開始 ≫
  • パソコンのZoomアプリから開始 ≫
  • スマホのZoomアプリから開始 ≫

インスタントミーティング(即時開催)

  • Webブラウザーから開始 ≫
  • パソコンのZoomアプリから開始 ≫

便利な機能

  • ミーティング中に招待情報を取得 ≫

ホストしての機能

  • ホストによるコントロール ≫
  • スポットライト ≫
  • 画面共有 ≫
  • リアクション ≫
  • リアクション(挙手) ≫
  • ブレイクアウトルーム(事前準備) ≫
  • ブレイクアウトルーム(ミーティング中) ≫
  • 投票機能(事前準備) ≫
  • 投票機能(ミーティング中) ≫
  • 録画・録音(レコーディング) ≫

Zoom Manual 目次 活用編

Zoomの基本機能を再確認してみよう!

ZoomをPTAで使いこなすヒントです。

  • 画面共有を活用してよう! ≫
  • チャットを活用してみよう! ≫
  • チャットのTips ≫
  • リアクションの挙手を活用してみよう! ≫
  • ブレイクアウトルームのTips ≫
  • 投票機能のTips ≫
  • 投票機能のクイズを活用してみよう! ≫
  • 投票機結果からブレイクアウトルーム ≫
  • ホストキーを使って別の参加者をホストに設定 ≫
サイト内の関連情報

オンライン会議の導入

記事
Zoom、Meet、Temesなどの機能比較
Web会議ツールを比べてみた ≫
記事
ツール導入時の解決すべき課題の一覧と解決策
PTAでもオンライン会議 ≫
記事
リアルとオンライン併用で会議を開催するには?
PTA会議のハイブリッド開催 ≫

Zoomの活用

記事
テスト接続やトラブル対策、登録など初心者向け
Zoom Manual 利用者編 ≫
記事
Zoomの各種機能や利用方法など、主催者向け
Zoom Manual 主催者編 ≫
記事
マナーや機能など便利な使い方につながるヒント
Zoom Manual 活用編 ≫
記事
自動文字起こし機能を使って負担の軽減
Zoomで議事録作成を簡単に! ≫
記事
カード不要の銀行払、PTA団体向けライセンス
Zoomライセンス助成 ≫
全国PTA連絡協議会からのお知らせ
当協議会では、他県や他校の情報を共有いただく事は、今後のPTA活動へのアップデートにつながる重要な活動のひとつと考えています。
この度、初めての取り組みとして、以下のアンケートを行い、集計結果を学校別の情報として共有していきます。
アンケートの趣旨を理解いただき、より多くの皆様からの情報が共有できるよう、ご協力をお待ちしています。
公益社団法人日本PTA全国協議会(略称:日P)に関する事件の報道があり、当協議会へのお問合せなどが増えておりますが、当協議会の正式な名称は「一般社団法人全国PTA連絡協議会(略称:全P)」で、日Pとの関係性はございません。
  • 園児•児童•生徒 総合補償制度に関する変更のご案内(2024年4月1日) ≫
  • PTA保険(PTA総合補償制度)につきまして、ご要望の多かった現契約の代替について、PTA単位での個別対応が可能となりました。お困りの場合は、当協議会にお気軽にご相談ください。お問い合わせ ≫

会員対象の制度

facebookでシェア
   
LINEでシェア
   
Xでシェア
   
リンクをコピー
全国PTA連絡協議会は、本サイト等の内容およびご利用者様が本サイトを通じて得る情報等について、その正確性、完全性、有用性、最新性、適切性、確実性、動作性等、その内容について何ら法的保証をするものではありません。当サイトに掲載されている情報を利用することで発生した紛争や損害に対し、当協議会は責任を負わないものとします。
また、本サイトの一部には法律的な根拠を求めることが難しい内容も含まれております。このような内容については全国PTA連絡協議会としての見解となります。
全国PTA連絡協議会が提供している事業やサービスは、予告なく変更または中止する場合があります。
Site Map
Site Map
カテゴリー別 掲載記事一覧
カテゴリー ≫ Click … 同ページ内の記事概要へ移動します。
+ Click後、記事名 ≫ Click … 別ページの記事へ移動します。
カテゴリー ≫ … 同ページ内の記事概要へ移動
Click後、記事名 ≫ … 別ページの記事へ移動
お問い合わせ
PTA活動のアップデート

求められるPTAを目指して

PTA運営チェックリスト

PTA活動のスマート化

PTA活動でのコンプライアンス

任意加入説明と未加入者対応

適切な個人情報保護とその対策

法律面からPTAを考える

PTA活動支援や情報共有

セミナーや相談室、情報交換や情報共有

上部団体としてのPTA協議会や連合会

PTA協議会や連合会関連の情報

PTA活動と地域

PTAの備品

会費の使い方・会費集金

PTA会費の適切な使途

PTA活動に関わる事務

PTA会費集金の負担軽減

PTAでのITサービス導入支援

Wi-Fi利用環境の支援

ITライセンス支援(会員対象)

IT導入支援

Googleアプリの活用

オンライン会議の導入と活用

オンライン会議の活用

Zoomの活用

FAQ よくあるご質問

よくあるご質問

PTA活動

個人情報保護

ICTの利活用

PTA 事例紹介

PTA 事例紹介

ICT 導入事例

PTAアンケート…学校別集計  現在、回答受付中!

PTA団体補償制度など

PTA団体補償制度(会員対象)

補償制度 知っておくべき事

子どもたちの教育

子どもの教育費

子どもの教育や教育環境

子どもの安全、子どもの見守り

子どものメンタルヘルス

子どもの安全

犯罪から子どもを守る

保護者対象の情報やサービス

学校や教師に関する課題

保護者として

安心してインターネットを使うために

全国PTA連絡協議会の登録について
会員登録 当協議会へのご登録にあたり、会員団体に対する人的、金銭的なご負担はありません。
各都道府県、市区町村のPTAがフラットにつながることでメリットを享受いただける団体を目指しています。
会員団体の皆様には、事務負担や研修会・イベントなどへの動員は想定していません。
情報交換会や各種セミナーは、基本的にオンライン形式で開催いたしますので、皆様のニーズや関心に応じて、お気軽にご参加いただけます。
各種サービスをより多くのPTAの皆様にご利用いただけるよう心がけておりますが、助成制度や補償制度のご利用には、サービス性質上、当協議会へのご登録が必要です。
PTAの皆様は、金銭的や人的なご負担を気にせず、必要とされる事業やサービスをご利用ください。
本年の会員対象は、上部団体に未加入または休会中のPTA団体を原則としております。(図の緑部分)
  • 日本PTA全国協議会に未加入または休会中の協議会
  • 道府県PTA協議会に未加入または休会中の市区町村郡PTA連合会等
  • 市区町村郡PTA連合会に未加入または休会中の単位PTA
対象となるPTAの皆様、ぜひ、当協議会へのご登録をご検討ください。
上部団体からの退会・休会を検討中のPTAの皆様も、 お気軽にお問い合わせください。
全国PTA連絡協議会の会員登録はこちらから
記事
登録方法などは、
会員登録について ≫
記事
登録のあるPTAは、
会員登録団体 ≫
記事
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせ ≫
ダウンロード
全国PTA連絡協議会 協議会のご案内
ダウンロード
更新:2024年2月7日