一般社団法人 全国PTA連絡協議会

子ども用GPSサービス 子ども見守りGPS

「もう帰ってきてもて良い時間なのに…」など、子どもの安全を心配したことはありませんか?
そんな時に役立つのが、子どもの位置情報をほぼリアルタイムで把握することができる「子ども見守りサービス」です。
作成:2024/02/20  更新:2024/02/23
facebookでシェア
LINEでシェア
Xでシェア
リンクをコピー

子どもの見守りシステム

登下校中の犯罪被害

全国で子供が登下校中に犯罪被害に遭うケースがみられます。
被害の多くは、子供だけで行動しているときや、人の目が少ない状況で発生しています。
こうした犯罪被害を減らすためには、地域全体で、登下校中の子供たちの見守り活動をすることが欠かせません。一方で、見守り活動を含めた防犯ボランティア活動者数は近年減少しており、今、みなさんの協力が求められています。
刑法犯統計資料
出典:文部科学省「やってみよう!登下校見守り活動ハンドブック」
出典:警察庁「令和元年の刑法犯に関する統計資料」、総務省統計局「人口推計」、総務省統計局「我が国の子どもの数-「こどもの日」にちなんで-」(平成19年~令和元年)より作成
〈注〉小学生以下人口は総務省統計局による推計値

子どもの見守りシステムとは

通学路 子どもたちの見守りのため、通学路に立っている保護者は、登下校時には全国の小学校の学区でよく見られる光景です。
子どもたちの交通安全や犯罪抑止などを目的として、PTAや地域の住民が組織的に行っているボランティア活動です。
子どもたちの安心・安全のためとはいえ、少なからず負担が生じていることもあります。
このような活動の負担軽減や、子どもの登下校時の不安をICTでサポートする仕組みとして「子どもの見守りシステム」と呼ばれるサービスがあります。
子どもの見守りシステムでは、一般的には、GPS、ビーコン、カメラ、人感センサなどを使ったシステムが利用されています。
ICTとは
ICT(Information and Communication Technology)情報通信技術とは、「情報技術」に情報・知識の共有といった「コミュニケーション」の重要性や意味を付加した言葉です。
日本では「IT」という言葉が使われることもありますが、国際的には「ICT」という呼称が一般的であるといわれています。
ITとICTに技術的な区別はありませんが、前者はコンピュータ関連、後者は「通信技術の活用」を指す場合もあります。ICTは、ネットワーク活用によるコミュニケーションが多様化する現代、そしてこれからの社会にあった表現であるといえます。

子ども用GPSサービス

GPSと電子タグ

子供の見守り用のシステムは、技術的には、子どもの現在地をリアルタイムで確認できる「GPS」方式と、特定地点の通過をトラッキングする「電子タグ」方式の2種類あります。
一般的には「GPS」方式は、GPS端末としての各家庭での導入が多く、「電子タグ」方式は自治体などでの導入が増えています。

「GPS」方式

「GPS」方式の大きな特徴は、衛星を利用することでリアルタイムに詳細な現在地を把握できることにあります。
LTE-Mや4Gなどの携帯電話回線を使い、定期的にGPS端末で取得した現在地データを送信し、スマートフォンのアプリなどから保護者が確認することができます。

「電子タグ」方式

「電子タグ」方式は、ショッピングモールなどに設置されている万引き防止システムに類似しており、特定の場所に設置した受信機の前を電子タグが通過したかどうかをトラッキングする仕組みです。 GPS端末に比べ、充電や運用費用にメリットがあります。

子ども用GPSサービスとは?

子ども用GPSサービスには、保護者のスマホやタブレットなどから簡単に確認できる、子どもの見守りに必要な各種の位置情報確認機能があります。具体的には、子どもの現在地の把握に加え、移動履歴や特定エリアの出入りなども確認可能です。
子ども用GPSサービスは、衛星測位機能で端末の位置情報を取得し、別端末に送信する仕組みで、GPSトラッカー(追跡装置)の一種です。
こうしたデバイスは自動車の盗難防止用などとして古くから提供されていましたが、以前はサイズも大きく毎月の通信料も安いとは言えない状況でした。
現在では、低速ながら消費電力が少なく長時間通信が可能な「LTE-M」など、IoT向けのモバイル通信規格の普及により、小型化と料金の低廉化が実現しました。
子ども用GPSサービスには、比較的低料金のGPSトラッカーから、通話機能も備えたGPSトラッカー、スマートフォン型のキッズスマホなどあります。
近年では、小学生における防犯対策の一環で、子ども用GPSを利用する保護者も増えています。
GPSトラッキングシステムは、プライバシー問題に関する懸念があるため、子どのにGPS端末を持たせるかどうかを、保護者自身が慎重に考慮する必要があります。
GPS GPS(Global Positioning System)全地球測位システムとは、地球全体をカバーする位置測位システムです。
GPSは天候に左右されることなく、24時間365日、地球上のどの場所にどの時間にいても現在地を把握することができる高精度な位置測位システムです。民生用として米国より無料で開放され、誰でも簡単に利用することができます。
GPSという名称は、実はアメリカ合衆国が運用している位置情報測位システムの名称のことを指していて、「人工衛星を使った測位システム」全般を指す名称ではありません。一般名称としては、GNSS(Global Navigation Satellite System)全世界測位システムという呼び方があります。
2023年現在では、アメリカ合衆国以外も位置情報活用を目的とした衛星を保有しており、ロシア:GLONASS、中国:のBeiDou、EU:Galileo、インド:NavIC、日本:みちびき(準天頂衛星システム)などが有名です。

子ども用GPSサービスの種類

子どもの見守りGPS

子ども見守りGPS

子どもの現在地をリアルタイムで確認が可能なサービスです。
子どもに小型のGPS専用端末を持たせ、保護者のスマホには専用のアプリをインストールすることで、子どものGPS専用端末との連携が可能になります。
子ども用GPS端末は子どもの見守りに特化していて、機種によってはSOSボタンがついていたり、音声メッセージ機能がついているものもあります。
GPS専用端末は、インターネット接続機能などはなく、小型・軽量です。
キッズスマホ

キッズスマホ

各携帯キャリアには、子ども向けのスマートフォンのラインナップ(キッズスマホ)があり、キッズスマホの一部には、GPSによる現在地情報を発信できる機能が追加された「子どもの見守り」タイプもあります。
キッズスマホと位置情報を共有する保護者の端末は、同一キャリアのスマートフォン契約が必要などの制約がある場合が一般的です。

スマホ+位置情報共有アプリ

子どもがスマートフォンを持っているなら、保護者と子どもの両端末に位置情報共有アプリを入れることで、お互いの現在地が共有可能です。 位置情報共有アプリは、子ども用GPSと同様の機能を備えていますが、スマートフォンとしての充電頻度が必要です。
子ども見守りGPSのメリット 子どもの見守りGPSは、スマートフォンと比べると、子どものアプリ利用によるトラブルを招きづらく、スマートフォンの持ち込み禁止されている学校でも利用しやすい点があります。
スマートフォンに比べ、充電頻度も少なくて済みます。
荷物に装着する紛失防止タグの類と比べると、GPSデバイス側からスマートフォンに通知やメール、音声メッセージを送れるなど、子供側から保護者へアクションを取れることもポイントです。

子ども見守りGPS

子ども見守りGPSの特長

check
子ども用GPSは、学校へ持って行ける
check
GPS利用した位置確認に追加料金が不要
check
子ども用GPSは、子どもの居場所確認に特化しているため安価
check
一部の自治体では、本体購入代代金が助成されるケースもあり

子ども見守りGPSを選ぶ場合のチェックポイント

  • 子どのからの通知方式:定型文や音声もあり
  • 緊急時の利用しやすさ(SOSボタンなど)
  • 測位方式:衛星のほか、Wi-Fiスポット、携帯電話基地局、みちびき
  • 最短更新頻度:60秒〜90秒が一般的
  • 通信エリア:キャリアと形式(4G/LTE)
  • バッテリー容量
  • 防水、防塵、耐衝撃

子ども用GPS端末(例)

※サイズ、幅×高さ×奥行です。

+Style(プラススタイル)まもサーチ3

  • BBソフトサービス(2023年2月発売)
  • 公式サイトにおける本体通常価格は5,280円、通信料は月額528円または年額5,500円
  • サイズは、約49×49×15.5mm、
  • 子どもの現在地や移動経路などを、スマートフォンのアプリ(まもサーチ)で確認可能
  • 移動履歴は過去90日分を保存
  • 学校や塾など、いつも訪れる場所を登録しておくことで、そのエリアからの到着や出発を検知して、スマートフォンに通知
  • ソフトバンクのLTE通信エリアでの通信が可能
  • 子どもが端末のボタンを3秒間押すことで、現在地を保護者のスマートフォンに通知
  • 防水・防塵性能はIP65(生活防水・防塵性能)、温度は-10~50度をサポート

どこかなGPS2

  • ソフトバンク(2022年12月発売)
  • 公式サイトでの価格は7,480円。6カ月間は無料で利用可能、7カ月目以降は月額528円
  • サイズは、約52×52×20mm
  • 2周波GPS(L1信号+L5信号)に対応し、測位精度が向上
  • 子どもの現在地や移動経路などをスマートフォンのアプリ(どこかなGPS)で確認可能
  • 移動速度によって乗り物に乗っているかどうかを判断する「のりもの検知機能」あり
  • 子どもが端末側面のボタンを押すことで、メールが送信(見守りが可能なスマートフォンは最大4台)
  • ソフトバンクの4G、LTEエリアでの通信が可能
  • 防水・防塵性能はIP67と高め
  • バッテリーは、初期設定(3分更新)で最大1.5カ月

みてねみまもりGPS

  • MIXI(2023年3月に発売)
  • 本体価格は5,808円、通信料は月額528円
  • サイズは、約48×48×22mm
  • 子どもがよく訪れる場所を自動で学習するAI機能を搭載、歩数計機能も搭載
  • 子どもがお知らせボタンを3秒間押すことで、現在地を保護者のスマートフォンに通知
  • ボタンを押してからの30分間は「緊急モード」として、最短更新頻度30秒
  • ドコモのLTE通信エリアでの通信が可能
  • 防水・防塵性能はIP55、温度は0~45度をサポート
  • バッテリーは、省電力モード利用時で最大2カ月間

あんしんウォッチャー

  • KDDI(2021年7月発売)
  • 公式サイトでの本体価格は1万1000円。1年間は無料で利用可能、13カ月目以降は、au Home基本利用料として月額539円
  • サイズは、約50×50×x18.88mm
  • 子どもの現在地や移動経路などをスマートフォンのアプリ(au HOME)で確認可能
  • 指定した地点への到着・出発の通知にも対応
  • 子どもが端末のボタンを3秒間押すことで、現在地を保護者のスマートフォンに通知(見守りが可能なスマートフォンは、au HOMEアプリの家族招待機能を使うと最大9台)
  • 最短更新頻度1.5分
  • KDDIのLTE-Mエリアでの通信が可能
  • 防水・防塵性能はIP55、温度は-5~40度をサポート
  • バッテリーは、最大1.5カ月間
  • あんしんウォッチャーLE … auが販売するコスパ抜群のGPS端末、2台目の月額利用料は無料
  • みもりGPSトーク … マチコミが開発、最新機種では、音声トーク
  • はろここ … コクヨから2023年3月に発売
  • amue link(アミューリンク) … ソニーが製造する音声メッセージ機能付GPS
  • otta.g … 音声メッセージとGPS機能をもつスマート防犯ブザー
  • ビーサイズ BoT トーク … 音声のやりとりが可能なGPS
  • みてねみまもりGPS … 大容量バッテリーがあんしん
  • みてねみまもりGPSトーク … みてねみまもりGPSにトーク機能搭載
  • まもサーチ3 … バランスのとれたGPS
  • coneco … メッセージのやりとりができる子ども用GPS
  • myFirst Fone R2 … シンガポール発の子ども用スマートウォッチ
  • FamilyDot … ソースネクストのんGPS
  • Fsoranome(ソラノメ) … 長期保証の安心設計キーホルダー型GPS
  • どこかなGPS2 … ソフトバンクの人気GPS2代目

位置情報を取得する仕組み

GPS測位

衛星 GPSは、1989年に初の実用衛星を打ち上げはじめ、1993年からGPSの運用開始が宣言されました。
地上2万メートルにある30以上の人工衛星から、軌道情報や時間情報などが含まれる電波を受信し、GPS端末はそれを元に、位置情報を割り出す仕組みです。
GPSは、衛星自体が対象の位置を正確に把握しているというわけではありません。
地球上にある受信機から高度約2万kmの軌道上に配置された「GPS衛星」へ信号を発信し、衛星からその返答が戻るまでのわずかな時間の差を計算することによって地球上の位置を特定できる仕組みです。
その際、1つの衛星を利用するのではなく、4つ以上の複数衛星を使って位置を特定しています。
4つ以上の複数衛星を使った位置情報の計算処理自体は、衛星ではなく地球上の端末で行われています。
GPS測位では、人工衛星間における発信信号の時刻遅延、対流圏・電流圏通過時、重力場による影響など、さまざまな時間的・空間的要因により、数メートルの誤差が生じていましたが、近年では位置情報の「ズレ」を自動補正し、誤差数センチメートルまで抑えられるようになりました。
誤差が生じやすい場所 一般的なGPS測位では、以下のような場合に誤差が生じやすくなります。
対策として、基地局測位やWi-Fi測位を併用し、現在地情報の測位精度を高めるのが一般的です。
  • 屋内(住居内、ビル内、地下など)
  • トンネルなど
  • 遮蔽物がある場所(高層ビルの谷間、深い谷間など)
  • 悪天候
  • 密林など濃い森の中など

基地局測位

基地局測位とは、携帯キャリアの基地局の位置情報を利用し、現在地を算出する方法です。
基地局測位は、主に携帯電話・スマートフォン向けの測位方法ですが、一部のGPS端末にも採用されています。
基地局から送信される電波は、建物などの障害物に対して反射したり吸収されたりする性質があり、数メートル~数キロメートルほど、現在地情報に誤差が生じる可能性があります。
端末によっては、複数の基地局から電波を受信し、精度の高い位置情報を取得することが可能です。

Wi-Fi測位

Wi-Fi測位とは、全国に点在するフリーWi-Fiスポットから、位置情報を測位する方法です。
スマホヤタブレットのように無線LAN搭載端末は、受信可能なフリーWi-Fiスポットの電波強度やMACアドレス(無線端末の識別コードのこと)を取得できます。これを電波情報といいます。
Wi-Fi測位の場合、周囲Wi-Fiスポットから取得した電波情報を関連サービスの専用サーバーに送信し、専用サーバーでは、その電波情報から位置情報を推定し、利用端末に位置情報を送信します。
誤差5メートル~100メートルといわれており、高精度な位置情報測位を実現します。

測地系とは?

測地系(測地基準系)とは、地表における経緯度・標高値を定義するための基準をのことですす。
位置情報は通常、現在地の緯度経度と標高値から特定しますが、地球が回転楕円体である以上、元となる測地系(基準)を定めなければ緯度経度と標高値を測位できません。
測地系は、国ごとに利用する測地系、基準点の考え方が異なり、100種類以上存在するともいわれています。
日本では、明治時代に定められた「日本測地系」を利用していましたが、GPSの民間普及に伴い、アメリカが採用する「WGS-84」や「ITRF系」といった「世界測地系」にシフトする必要が生じてきました。
現在では、2002年の測量法改正し、世界測地系の一種である「国際地球基準座標系(別名:ITRF系)」を採用しています。

みちびき(準天頂衛星システム)

日本の衛星測位システム

みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と表記します。
ただし、「準天頂衛星」という場合には、準天頂軌道の衛星と静止軌道の衛星の両方を合わせて呼ぶため、準天頂軌道の衛星を区別する必要がある場合は「準天頂軌道衛星」といいます。
衛星測位システムとは、衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、米国のGPSがよく知られており、みちびきを日本版GPSと呼ぶこともあります。

GPSを補い、より高精度で安定した衛星測位

衛星測位システム 4機以上の衛星で衛星測位は可能ですが、安定した位置情報を得るためには、より多くの衛星が見えることが望ましいです。
しかし、GPS衛星は都市部や山間部ではビルや樹木などに電波が遮られて可視衛星数が減り、位置情報が安定的に得られないことがありました
2018年11月から、みちびきは4機体制で運用を開始しており、このうち3機はアジア・オセアニア地域の各地点では常時見ることができます。みちびきはGPSと一体で利用できるため、安定した高精度測位を行うことを可能とする衛星数を確保することができます。
GPS互換であるみちびきは安価に受信機を調達することができるため、地理空間情報を高度に活用した位置情報ビジネスの発展が期待できます。

みちびきの優位性

近年、独自に衛星測位システム開発し、整備を進めている国も増えてきましたが、みちびきはそれらの衛星測位システムにはない優勢性を持っています。
多くの国が測位衛星を打ち上げている中、GPS衛星と高い互換性を持ち、一体で利用できるのは日本のみちびきだけであり、両方を1つの衛星群として扱うことができます。
つまり、単純にGPS衛星の数が増えることと同じなのです。みちびきをGPSと一体で利用することで、同時に電波を受信できる衛星が増えて、高精度で安定した測位が可能になり、測定誤差を減らすことができます。
出典:内閣府 宇宙開発戦略事務局 みちびき(準天頂衛星システム)(2024年2月20日)
サイト内の関連情報

子どもの安全

コラム
文部科学省など行政機関が実施している各種の情報一覧
学校安全ポータルサイト ≫
コラム
安全点検を行う際の視点としての危険事例
学校における安全点検 ≫

子どもの見守り

コラム
自治体と学校、保護者、地域などと連携
児童見守りシステムを地域で導入 ≫
コラム
リアルタイムで子どもの現在地を確認
子ども用GPSサービス ≫
コラム
「ミマモルメ」 「OTTADE!」 の導入事例など
ICタグを利用した子どもの見守り ≫
コラム
文部科学省 事例集(2021年)からの抜粋
通学路等の安全確保 取組事例 ≫
全国PTA連絡協議会からのご案内
園児•児童•生徒 総合補償制度に関する変更のご案内(2024年4月1日) ≫
PTA総合補償制度のご検討中の皆様へ
連合会など上部団体からの休会や退会などをご検討されている単位PTAの皆様から、安全互助会などPTAを対象とした補償制度について、お問い合わせを多数いただいております。
現在の契約の代替となる補償制度 ≫ は、ご要望がありました2024年4月1日から6月30日の補償についても、PTA単位での個別対応が可能となりました。
お困りの場合は、当協議会にお気軽にご相談ください。
facebookでシェア
   
LINEでシェア
   
Xでシェア
   
リンクをコピー
全国PTA連絡協議会は、本サイト等の内容およびご利用者様が本サイトを通じて得る情報等について、その正確性、完全性、有用性、最新性、適切性、確実性、動作性等、その内容について何ら法的保証をするものではありません。当サイトに掲載されている情報を利用することで発生した紛争や損害に対し、当協議会は責任を負わないものとします。
また、本サイトの一部には法律的な根拠を求めることが難しい内容も含まれております。このような内容については全国PTA連絡協議会としての見解となります。
Site Map
Site Map
カテゴリー別 掲載記事一覧
カテゴリー ≫ Click … 同ページ内のカテゴリー情報へ
Click後、記事名 ≫ Click … サイト内の記事へ
事例紹介・FAQ ≫
お問い合わせ
PTA活動のアップデート

求められるPTAを目指して

PTA運営チェックリスト

PTA活動のスマート化

PTA活動でのコンプライアンス

任意加入説明と未加入者対応

適切な個人情報保護とその対策

法律面からPTAを考える

PTA活動支援や情報共有

上部団体としてのPTA協議会や連合会

PTA協議会や連合会関連の情報

PTA活動に関する情報共有

PTA活動と地域

PTAの備品

会費の使い方・会費集金

PTA会費の適切な使途

PTA活動に関わる事務

PTA会費集金の負担軽減

PTAでのITサービス導入支援

Wi-Fi利用環境の支援

ITライセンス支援(会員対象)

IT導入支援

Googleアプリの活用

オンライン会議の導入と活用

オンライン会議の活用

Zoomの活用

PTA団体補償制度など

PTA団体補償制度(会員対象)

補償制度 知っておくべき事

子どもたちの教育

子どもの教育費

子どもの教育や教育環境

子どもの安全、子どもの見守り

子どもの安全

子どもの見守り

保護者対象の情報やサービス

保護者として

安心してインターネットを使うために

全国PTA連絡協議会の登録について
会員登録 当協議会へのご登録にあたり、会員団体に対する人的、金銭的なご負担はありません。
各都道府県、市区町村のPTAがフラットにつながることでメリットを享受いただける団体を目指しています。
会員団体の皆様には、事務負担や研修会・イベントなどへの動員は想定していません。
情報交換会や各種セミナーは、基本的にオンライン形式で開催いたしますので、皆様のニーズや関心に応じて、お気軽にご参加いただけます。
各種サービスをより多くのPTAの皆様にご利用いただけるよう心がけておりますが、助成制度や補償制度のご利用には、サービス性質上、当協議会へのご登録が必要です。
PTAの皆様は、金銭的や人的なご負担を気にせず、必要とされる事業やサービスをご利用ください。
本年の会員対象は、上部団体に未加入または休会中のPTA団体を原則としております。(図の緑部分)
  • 日本PTA全国協議会に未加入または休会中の協議会
  • 道府県PTA協議会に未加入または休会中の市区町村郡PTA連合会等
  • 市区町村郡PTA連合会に未加入または休会中の単位PTA
対象となるPTAの皆様、ぜひ、当協議会へのご登録をご検討ください。
上部団体からの退会・休会を検討中のPTAの皆様も、 お気軽にお問い合わせください。
全国PTA連絡協議会の会員登録はこちらから
記事
登録方法などは、
会員登録について ≫
記事
登録のあるPTAは、
会員登録団体 ≫
記事
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせ ≫
ダウンロード
全国PTA連絡協議会の概要
ダウンロード
更新:2024年2月7日